産後のダイエットはこれで楽チン!気を付けるポイントと成功の秘訣

産後のダイエットはこれで楽チン!気を付けるポイントと成功の秘訣

産後のダイエットに苦労している人は結構多いのではないでしょうか。出産後の体型を見て、あまり変化がないことにがっかりするという声もしばしば。今回は、産後の身体と赤ちゃんの生活を守りながらダイエットを行う方法や気を付けるべきポイントを解説していきます。

産後のダイエットはいつ始めればいい?

早く以前の体型に戻りたいと思うものですが、産後の身体はゆっくり休めることが重要です。それは、産褥期と言われる産後6週間~8週間は、妊娠や出産による身体へのダメージを回復させる大事な時期だからです。

元気そうに見えても、妊娠中に変わってしまった内臓の位置を戻したり、胎盤をはがすのに伴って大量に出血をしたりしたのですから、見た目以上のダメージがあるのです。特に骨盤は赤ちゃんの居た子宮を支えていましたから、大きな影響を受けています。

ではいつからダイエットを開始すれば良いのでしょうか。

産褥期(さんじょくき)が終わるころから体調を見て開始する

出産直後の骨盤はぐらつきがあり無理なダイエットは身体に良くありません。また、産褥期は身体のダメージを回復する時期ですから、この時期を過ぎた1カ月検診を目安に産後のダイエットを開始するのが良いでしょう。ただし、回復には個人差がありますので、決して無理のないように進めることが大切です。

特に出産後から半年~1年は痩せやすい時期ともいわれていますので、1~2カ月後の開始でも十分間に合います。焦らず自分の身体と相談をしましょう。

骨盤ストレッチから始める産後のダイエット

骨盤は赤ちゃんの居る子宮を支えていたため、開いてゆがんだ状態になっていることが多くあります。しかし、そのままにしておくと体型が元に戻らなくなる可能性もあります。そこで、まず始めたいのは骨盤ストレッチです。では具体的に骨盤ストレッチの方法を見ていきましょう。

簡単にできる骨盤ストレッチの方法

簡単にできる骨盤ストレッチは、少しの隙間時間でもできるためぜひ試してみて下さい。

1.肩幅に足を開きます。

2.腰に手を当て左右それぞれに大きく腰を回します。

左と右10回ずつを1セット。1日5セット行うのが良いでしょう。骨盤の位置を確かめながら、正しい位置に戻すイメージで行うと、より効果があります。特に回しにくいと感じる側は骨盤がゆがんで切る可能性もありますので、意識しながら行いましょう。この時に、骨盤矯正ベルトなどを併用するのも効果的です。

産後のダイエットが与える母乳への影響

ストレッチと併せて行いたいのが、食事の改善です。この時に注意したいのは、食事の量を減らさないという事です。もちろん食べ過ぎは厳禁ですが、過度に食事の量を減らすと母乳の出が悪くなってしまうことにもなりかねません。では、母乳に影響がない食事とはどのようなものなのでしょうか。

母乳に良い食事をすることがダイエットにも効果的

産後のダイエットでの食事は、制限をせずしっかり摂りましょう。その際には和食中心のメニューがおすすめです。高たんぱくで低カロリーの内容だと、サラサラとしたほんのり甘みのある良い母乳が出るため、乳腺炎などの予防にもなります。

炭水化物と野菜・脂の少ない肉や魚などがおすすめです。母乳をあげている時は、出来るだけ脂の多いものは避けるようにしましょう。そして赤ちゃんのために栄養バランスの良い食事をすることが大切です。

赤ちゃんのための美味しい母乳にもなり、ママのダイエットにも最適ですので、ぜひ試してみましょう。

産後のダイエットにスクワット!?赤ちゃんと一緒に楽しく運動

身体を引き締めるためには運動は欠かせないのですが、子育て中のママにはまとまった時間を取るのが難しいですよね。そこでおすすめしたいのは、赤ちゃんと一緒に出来るスクワットです。

赤ちゃんを抱っこしながらできるスクワット

赤ちゃんを抱っこしながら行うスクワットなら、赤ちゃんの体重分の負荷もかかり、スキンシップも楽しむことができるため、一石二鳥です。

1.肩幅の広さに両端を開いて立ちます。赤ちゃんはなるべく身体に密着させて抱っこしましょう。つま先は軽く外側に向け膝が内側に入らないようにします。

2.息を吐きながらゆっくりっと腰をおろし、出来るだけ重心は後ろにかけて前のめりにならないようにします。できれば膝がつま先より前へ出ないようにしてみましょう。

3.慣れてきたら腰を落とした状態で5秒ほどキープしてみましょう。

4.ゆっくりと息を吐きながら立ち上がります。

無理をせず、自分のペースでできる範囲で行うことが大切ですよ。

帝王切開の人が産後のダイエットするときに注意すべきポイント

帝王切開を行った場合、身体には手術をした時と同じ負担がかかっています。そのため、帝王切開をした人がダイエットを行うときは、出産時の身体のダメージに加えて切開した傷口の回復を待つことが必要です。早い方なら1カ月程度で医師の許可も下りるようですが、出来れば2カ月程度の期間をおいてから始めるのが良いでしょう。

ダイエットの開始をする時には、医師に相談をしてから行うのが良いですね。

産後のダイエットで無理は禁物!

産後のダイエットは身体の回復を確認しながら始めるようにしましょう。そしていきなり激しい運動は避けることも大切です。食事は母乳に良いとされる和食中心のメニューがおすすめですよ。しかし、小さな赤ちゃんを抱えて食事の支度はなかなか難しいことも多いですね。ついつい、お惣菜などに頼りがちになることもあるでしょう。

ミシュラン三ツ星シェフの作る冷凍弁当の注文はこちらから

ミシュラン三つ星シェフが作る 冷凍弁当【5食セット】 糖質制限 糖質オフ 低カロリー お弁当 冷凍食品 おいしいプラス

そんな時にオススメなのが、ダイエットにぴったりの宅配のお弁当です。低糖質低カロリーなのに、バランスの取れた食事を摂ることができます。さらに、三ツ星シェフが作っていますから、美味しいお弁当です。

しかも、母乳をあげている方でも大丈夫。保存料・着色料・化学調味料・香料が一切使われていませんから、赤ちゃんにも安心なんですよ。ダイエットにも健康にもぴったりですから、チェックしてみましょう。