糖尿病と皮膚のかゆみや病気…原因、対策を徹底解説!!

糖尿病と皮膚のかゆみや病気…原因、対策を徹底解説!!

糖尿病で皮膚のかゆみがあらわれることをご存知でしょうか。冬場の乾燥によるかゆみとの見極めが難しいですが、こういった初期症状は見逃さず、早期発見に繋げることが肝心です。ではなぜ糖尿病で皮膚のかゆみが出るのでしょうか。原因や対策を見ていきましょう。

糖尿病と皮膚のかゆみ~原因~

糖尿病の初期症状として、皮膚のかゆみが出ることがあります。こうした皮膚のかゆみの主な原因として、皮膚の乾燥によるかゆみがあります。また、腎臓の働きすぎにより起きるかゆみもあります。

皮膚の乾燥

糖尿病でなぜ皮膚の乾燥がおこるのでしょうか。それは、血中の糖を排出するために尿が多量に出ることによって起こる脱水症状によるものです。皮膚の水分も不足するためかゆみがおこるのです。

また、自律神経の障害によって汗をかきにくくなるため、さらに皮膚が乾燥しやすい状態となってしまいます。冬場の乾燥した季節も皮膚のかゆみは多くなります。

乾燥による水分不足や汗をかきにくいことによる脂質不足によって肌のバリアは低下し、ちょっとした刺激でもかゆみを起こす原因となるのです。

糖尿病腎症

血糖値の高い場合には腎臓は糖を排出するために尿を作りだしますが、それが続くことになると腎臓は働きすぎにより機能が低下してしまいます。腎臓は、身体の中の老廃物を捨てるための臓器ですから、腎臓の機能が低下することで老廃物が身体に溜まることになります。

その影響によって皮膚が刺激されかゆみを生じるのです。さらに、腎臓の機能が低下することによる皮膚の乾燥も原因となります。

糖尿病の合併症による皮膚疾患に注意!

皮膚のかゆみによって無意識に掻き壊してしまうと、皮膚が傷つき皮膚疾患に繋がる可能性もあるため注意が必要です。また、血管が傷付けられると皮膚が赤くなることもあります。

反応性皮膚疾患

皮膚を掻いて傷ついたところに湿疹ができたりすることがあります。こうした湿疹は血糖値のコントロールができていない場合、治療をしても何度も繰り返すことも多いのです。

皮膚感染症

同じようにかゆみによって皮膚を掻き壊し傷がついたところから、感染症を起こすこともあります。例えば、カンジダ症や帯状疱疹、単純ヘルペスなどを発症することもあります。こうした感染症については、早期に直すことが大切です。万一放置してしまうと、皮膚の疾患だけでなく、皮下組織や骨にまで広がることもあります。

糖尿病と皮膚のかゆみ~予防と対処法~

皮膚のかゆみによって引き起こされる症状は、放置しておくと重い状態になってしまうこともあります。しかし、皮膚が乾燥してかゆみを引き起こさないために予防することは可能です。

毎日のスキンケア

乾燥した肌を潤いの肌にするためには、毎日のスキンケアが有効です。入浴後はすぐに身体を拭き、保湿クリームを薄く塗りましょう。また、入浴時のお湯の温度は熱すぎないように注意することも大切です。お風呂やシャワーの温度が熱すぎる場合には、皮脂が落ちすぎてしまい乾燥しやすくなってしまいます。

身体を洗う時もできるだけこすらないようにしましょう。あまりこすりすぎると、皮脂が奪われるばかりか、皮膚に傷が付き感染症や湿疹の原因となります。

血糖のコントロール

皮膚の手入れも必要ですが、何よりも大切なのは血糖のコントロールをすることです。血糖のコントロールがされていると、皮膚の乾燥も防ぐことができます。血糖をコントロールするために出来ることは、病院での治療を受けることもひとつの方法ですが、糖質制限などの食生活の見直しを行うことです。

食生活の見直し

食事により血糖値は高くになります。特に糖質の高い食品を食べることによって、血糖値は急上昇を起こします。血糖値の急上昇は肥満にもつながりますし、その血糖値が高い状態が続くことで、血管や神経細胞にも悪影響を及ぼします。

つまり、身体に取り込む食品は血糖値の低いものを選ぶことが大切です。毎日食べる白米やパンは糖質が高い食品ですので、半分の量に減らすなどの工夫も必要です。また、調理時にも砂糖などを使わずに糖質オフの甘味料を使うようにすると良いでしょう。

糖尿病のサイン 皮膚のかゆみには要注意!

皮膚の乾燥は糖尿病が原因でおこる場合もあることがわかりましたね。皮膚のかゆみに悩んでいる時は、一度医師に診察をしてもらうのが良いでしょう。糖尿病の初期段階で現れることが多いため、早期発見につながります。

ミシュラン三ツ星シェフの作る冷凍弁当の注文はこちらから

ミシュラン三つ星シェフが作る 冷凍弁当【5食セット】 糖質制限 糖質オフ 低カロリー お弁当 冷凍食品 おいしいプラス

また、食生活を見直すことは重要です。しかし、糖質制限の食事、特に味付けなどシンプルになりすぎてしまい、美味しい食事を楽しむことができないこともありますよね。そんな時は低糖質の宅配のお弁当という手もありますよ。

おいしいプラスのお弁当なら、保存料や着色料・化学調味料・香料なども使っていないから安心安全!しかも全商品が糖質50%オフなのです。食事管理が難しいという方はぜひ試してみましょう。