妊娠中のダイエットは可能?子供に悪影響を与えない痩せ方とは

妊娠中のダイエットは可能?子供に悪影響を与えない痩せ方とは

妊娠中のダイエットは胎児に悪影響を与えるといわれることも多いですが、体重増加を気にする女性はたくさんいます。

「何とかしたい…」というのが本音ですよね。

子どもに悪影響を与えることなく、妊娠中にダイエットできる方法があるので、この記事で詳しく紹介していきます。

妊娠中のダイエットはできない?

妊娠中のダイエットは簡単ではありませんが可能です。しかし、難しくさせる要因がいくつもあります。

身体が脂肪を溜めようとする

まず1つ目の要因は、身体が脂肪を溜め込もうとするからです。お腹の中の赤ちゃんはまだまだ小さいです。しかし、かなりの栄養を必要とします。すると、糖質などの栄養を胎児に優先的に送るので、母体は栄養を不足気味になります。

不足した栄養を補うために、身体は脂肪を溜め込みやすくなるのです。結果、体重が増えてしまうのです。

運動が容易ではない

お腹が大きくなってくると、運動もやりにくくなります。走るのはもちろん、妊娠が進むにつれて歩くことすらも億劫になります。

ただでさえ脂肪を溜め込みやすいのに、身体を動かしてエネルギーを消費できないので、ドンドン体重が増えていくのです。このため、ダイエットをしたいと思っている妊娠中の女性は多いのです。

妊娠中のダイエットは食事が基本!

妊娠中は運動に制限があるので食事で行っていくのが基本です。

しかし、胎児に栄養をしっかりと供給する必要があるので、食事制限はできません。 そこで、重要なのが栄養の摂り方です。

栄養バランスを整える

妊娠中のダイエットで最も大切なのが栄養バランスです炭水化物や脂質、たんぱく質はもちろん、ビタミンやミネラルなどの栄養素もしっかりと摂取しなければなりません。

妊娠中の人の中には、体重が数日で2~3kgも増えてしまうので、食事を抑えたいと感じる人もいるでしょう。しかし、決して食事制限によるダイエットをしてはいけません。

胎児の成長に問題を生じさせ、流産のリスクを上げる原因になります。また、栄養が不足すると代謝が悪くなって、太りやすい身体を作ってしまう要因にもなってしまいます。

妊娠中は前期なら50kcal、後期に至っては450kcalものカロリーが余分に必要です。つまり、食事の量は減らすどころか増やさなければなりません。1日3食、主食・主菜・副菜まで揃えてしっかりと食べるようにしましょう。そうすることで、反対に太ってしまうリスクを下げられるのです。

時にはサプリメントでの調整も

しっかり食べるとはいっても、限界があります。そこでおすすめなのは、不足する分はサプリメントに頼ることです。妊娠中は鉄分やカルシウム、葉酸などが特に必要です。しかし、これらの栄養素はなかなか普段の食事でも不足させてしまします。

そのため、サプリメントで摂取するとよいでしょう。そうすれば、母子ともに健康を維持できます。もちろん、健康であればダイエットもしやすくなります。不足気味の栄養素があれば、サプリメントを利用するようにしましょう。

お菓子やジュースは控えめに

妊娠中は制限が多いので、ストレスを溜め込みがちです。そのため、甘いもので気分を和らげようとする人も多いでしょう。しかし、お菓子やジュースは控えめにしてください。これらには大量の糖分が含まれているので、ダイエットの妨げになってしまいます。

「禁止!」と気を張っては出産まで持ちませんので、適量に抑えるようにしましょう。

妊娠中のダイエットは運動も◎

実は誤解している人がいますが、妊娠していても運動でダイエットしても大丈夫です。臨月などで医師の指示がなければ、運動はできます。ここでは、妊娠中のダイエットを支える運動方法を紹介していきます。

ウォーキング

妊娠中の運動といえばウォーキングです。ウォーキングは有酸素運動なので、ダイエットにも有効です。体調がいい日にゆっくりと軽く汗ばむ程度の運動をするとよいでしょう。注意点は、無理をしないことです。少しきつく感じるくらいで抑えるようにしてください。

ヨガ

妊娠中はヨガもおすすめです。ヨガは身体をゆっくり伸ばすので、身体への負担を最小限に抑えられます。しかも、妊娠中に起こりがちな腰痛やむくみの予防にも効果的です。もちろん、ヨガも有酸素運動なのでダイエット効果が期待できます。

妊娠中のダイエットは十分に注意を

妊娠中でもダイエットは可能です。

しかし、普段のダイエットとは少し違うので、注意してください。

ミシュラン三ツ星シェフの作る冷凍弁当の注文はこちらから

ミシュラン三つ星シェフが作る 冷凍弁当【5食セット】 糖質制限 糖質オフ 低カロリー お弁当 冷凍食品 おいしいプラス

特に食事面・栄養面には気をつけなければなりません。そこでおすすめなのが、「おいしいプラス」の冷凍弁当です。三ツ星シェフが作るのでおいしいのはもちろん、低糖質・低カロリーなので、過剰摂取してしまいがちな栄養を抑えられます。

しかも、ポイントは「添加物がゼロ」なところです。胎児はかなり繊細ですので、食物添加物には注意が必要です。

おいしいプラスの冷凍弁当なら、おいしい上に栄養がしっかり摂れ、さらに胎児に悪影響が懸念される食物添加物が入っていません。妊娠中の料理はかなり大変です。胎児はもちろん、健康的な母体を維持するためにも考えてみてはいかがでしょうか。