美味しい冷凍食品の時代!?有名レストランの味をご家庭で

美味しい冷凍食品が最近現れてきていることをみなさんはご存知ですか?

冷凍食品=まずいと思っている方も多いでしょう。しかし、最近では健康志向の人から美食家まで、いろいろな人におすすめしたい美味しいものもあるのです。

美味しい冷凍食品の秘密

冷凍食品はまずいというイメージがありますが、実はプロがさっき作ったような味のものもあるのです。信じられないという人もいるでしょう。

ここでは、冷凍食品が美味しい理由を詳しく解説していきます。きっと冷凍食品を買わずにはいられなくなるので、ぜひ読み進めてください。

クオリティの高さは製造技術にアリ!?

冷凍食品の製造技術は日々向上し続けているので、味のクオリティがかなり高いです。そのため、最近の冷凍食品には美味しいものが多いといえるでしょう。例えば、今までは手動ですべての工程を管理していました。

ところが今はロボットやAIによって多くの工程を管理しています。そのため、食品にとって最適な温度や湿度などをきめ細かく維持しやすくなるのです。

どのメーカーも製造に工夫をしなければ売れなくなってきています。そのため、すべてのメーカーが競い合って製造技術を研究しているので、味はドンドン美味しくなっています。

劣化を防いで食品を美味しいままに

「冷凍食品はまずい」と思っている人は、温め直したごはんなどと関連づけてイメージしているでしょう。しかし、温め直したごはんと冷凍食品は全くの別物です。その理由は冷やされていく過程にあります。

冷蔵庫で冷やしておいて温め直すご飯が美味しくない原因は、劣化が進んでいるからです。例えば、冷ごはんをレンジで温め直しても炊き立てより美味しくない理由は、ごはんに含まれている成分が劣化しているからです。

ご飯甘味成分であるでんぷんが劣化しているので、口に入れたときの味も悪くなってしまうのです。このイメージがあるために、レンジで温める冷凍食品も美味しくないというイメージがつきまとってしまうのです。

しかし、冷凍食品は一気にマイナス20度近くまで下げるので、食品が劣化していくのを防げます。つまり、作った状態の味をそのままに保てるのです。もし、プロの料理人が作った冷凍食品が売られていたら…

明らかに美味しいですよね。冷凍食品なら家庭でプロの味を手軽に堪能できるのです。

保存料が入っていないので体に良い

何より冷凍食品には保存料が入っていません。「えっ!ウソ!?」と驚いた人が多いと思います。その理由は、腐る心配がないからです。冷凍食品は調理されてすぐに家庭用の冷蔵庫の何十倍という速さで、マイナス18度まで急速冷凍されます。これがポイントです。

マイナス18度まで下げられると食品を腐らせる微生物が活動できません。しかも一気に温度を下げるので食品は作られた状態のままで保存されます。そのため、温めたすぐの冷凍食品はまさに作り立ての状態で、自宅で作ったお弁当よりも安心です。

もちろん手軽に買えるスーパーやコンビニのお弁当よりも圧倒的に体に良いです。健康のことを考えて冷凍食品を食べなかったという人は、買って食べるのをおすすめします。

普段の食事よりも冷凍食品の方が栄養価が高いって本当?

冷凍食品は栄養価が高いのは本当です。その理由は2つあります。1つは、旬のものが鮮度そのままに使われているから。魚や野菜など食品には最も美味しく栄養価が高いときがあります。

冷凍食品なら収穫して劣化が進む前に冷凍にすることで、最高の状態のまま保つことができるのです。それを調理に使うので冷凍食品は栄養価が高いのです。

2つ目は、食材の酸化を防げるからです。あらゆる食材は空気や光、水などにさらされると組織が破壊されていきます。これによって栄養価も低下していきます。しかし、急速に冷凍することで組織が破壊されていくのを最小限に抑えられるのです。

つまり、ビタミンなどの栄養価の低下を抑えられるので、食材が持つ栄養価を損なうことなく食せるのです。

ミシュラン三ツ星シェフの作る冷凍弁当の注文はこちらから

ミシュラン三つ星シェフが作る 冷凍弁当【5食セット】 糖質制限 糖質オフ 低カロリー お弁当 冷凍食品 おいしいプラス

冷凍食品は「まずい」「体に悪い」といったイメージがありますが、決してそんなことはありません。それどころか、美味しい上に体にも良いのです。今は低糖質・低カロリーで、しかも三ツ星シェフが製作する冷凍弁当もあります。