【糖尿病 初期症状一覧】~大切なのは早期発見と早期治療~

【糖尿病 初期症状一覧】~大切なのは早期発見と早期治療~

糖尿病の初期症状は様々あることをご存知ですか?いまや国民病とも言われる糖尿病ですが、気付かず治療しないで放置している人が患者の約4割を占めています。あなたのその症状は糖尿病によるものかもしれません。初期症状を見逃さないようチェックしましょう。

糖尿病とはどんな病気?

肥満の人がなりやすいと思われることも多い糖尿病ですが、実は糖尿病とは血液の疾患です。膵臓で作られるインスリンが不足したり働かなかったりすることにより、血液中の血糖値が慢性的に高い状態になり、身体に影響を与えるのです。

糖尿病には大きく2つのタイプがあり1型と2型に分かれます。1型糖尿病はインスリン依存型といわれ子供や若い人に多いタイプ、2型糖尿病は非インスリン依存型ともいわれ、生活習慣や遺伝により発症することが多いタイプで、日本の患者に多いのは2型糖尿病になります。そんな糖尿病は一度発症してしまうと完全に治ることがありません。

インスリンの働きと身体への影響

血糖値を下げるために必要なのがインスリンというホルモン。食事によって血液に吸収された糖により血糖値が高くなりますが、インスリンが血液中の糖を細胞内に吸収させる働きをし、エネルギーとして使われたり、脂肪として蓄えたりします。しかし、インスリンが働かないと血糖値は高いままになってしまいます。

血糖値が高い状態になると、糖が血管の中で溜まってしまい血流を悪くします。さらに活性酵素が大量に発生し血管を破壊し始めます。特に末端の血管を中心に酸素や栄養素が届かなくなり、自覚症状が進んでいきます。

糖尿病で怖いのは合併症

糖尿病になることで怖いのは、さまざまな合併症になってしまうことです。特に3大合併症と言われる腎臓疾患・網膜症・神経障害には注意が必要です。ではなぜ、血糖値の高い状態が続く糖尿病によって合併症が起こるのでしょうか。

糖尿病による腎臓疾患

血糖値が高い状態が続くと長期的に腎臓の機能が低下してしまいます。腎臓は、血液をろ過し尿として不要な老廃物や塩分を排出する働きがあります。しかし、腎臓の機能が低下すると老廃物が体内に溜まっていき尿毒症となってしまいます。

人工透析は腎臓の移植をしない限り一生続けなければならず、身体や心の負担は大きいものになります。

糖尿病による網膜症

血管が弱くなり眼底の毛細血管が破れてしまうことがあります。すると目に酸素や栄養が届かないこととなり、最悪の場合失明してしまうこともあります。

糖尿病による神経障害

血糖値が高い状態が続くことで神経が傷つき、神経細胞に血液が届かないことがあります。そのため、全身の神経に障害が起こり、痛みなどがでたり感覚がなくなったりしてしまうため、ちょっとした傷でも足が腐ってしまい、切断を余儀なくされることもあります。

こんな変化に要注意!糖尿病の初期症状

糖尿病は早期に治療を始めることで、ある程度合併症を防ぐことが可能です。そのためには、早期に糖尿病に気付くことが重要です。では糖尿病にはどのような初期症状があるのでしょうか。

・足や手のしびれや痛みがある

・足の裏が熱い

・喉がかわく、頻尿になる

・皮膚がかゆくなる

初期症状はごく軽いもので気付きにくいのですが、血糖値が高くなってくるとこのような症状はゆっくり進んでいきます。それではひとつずつ確認していきましょう。

足や手のしびれや痛みがある

足や手のしびれや痛みは、毛細血管に傷がついて弱くなり栄養や酸素が十分に送られないことで起こります。まずは足の指や足の裏にしびれや痛みを感じるようになり、さらに症状が進むと手にしびれや痛みが起こるというのが一般的です。

足の裏が熱い

足が異様に熱く寒い時期でも布団から足を出さないと寝られないといったことはないでしょうか。なんでもないことのように思えるかもしれませんが、これは糖尿病による神経障害によるものかもしれません。高い血糖値による神経へのダメージは、こうした感覚の障害を起こすことがあります。さらに、足の裏に紙を貼ったような感覚や、虫が這うような感覚がすることもあります。

多汗・多尿・頻尿になる、喉が渇く

血液中の糖が多くなると、糖を排出するために腎臓が大量に尿を作ります。さらに汗も糖を排出するために多くなります。これは、身体が異常を感じているための防衛反応と言えます。糖が含まれている尿や汗は、甘いような独特の匂いがします。

また、糖を身体の外へ出すために大量の汗や尿を排出するようになると、身体は脱水傾向になってしまうため、喉がよく渇くようになります。よく喉が渇いて水分をとるようになったと感じたら、血糖値を調べてみましょう。

皮膚がかゆくなる

血流が悪くなることで、皮膚へ送るための栄養や酸素が行き届かなくなってしまうことや、脱水傾向となるため皮膚が乾燥しがちになり、かゆみも出てきます。さらに血管が傷ついてしまうことにより、手足や顔の皮膚が赤くなることもあります。

【糖尿病の初期症状】あなたは大丈夫?

糖尿病の初期症状はさまざまあり、すべて血糖値が高いことにより引き起こされる症状です。少しでも気になる症状があれば、糖尿病を疑ってみることも大切です。症状が進んでしまうと、これまでの生活が送れなくなる可能性もあります。早めの受診を心がけるようにしましょう。

ミシュラン三ツ星シェフの冷凍弁当 ご注文は以下のリンクから

クレジット決済をご利用の方 代金引換・電子マネー決済をご利用の方

ミシュラン三つ星シェフが作る 冷凍弁当【5食セット】 糖質制限 糖質オフ 低カロリー お弁当 冷凍食品 おいしいプラス

また、糖尿病を予防するためにも低糖質な食事を心がけることが大切です。これまでの食事の見直しをするようにしましょう。低糖質で低カロリーな宅配のお弁当を頼むのもおすすめです。おいしいプラスのお弁当は、低糖質な食事はどうしても味気なくてつまらないという方にもぴったりです。

糖質が約50%もカットされており、食物繊維やビタミンミネラルといった栄養素もしっかり考えられて作られています。しかも、三ツ星シェフが作っているお弁当ですから美味しさも保証付き。さらに保存料・着色料・化学調味料・香料無添加ですので、健康が心配な方にも安心ですよ。 

※記事の内容には個人差がある場合があります